上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超部長です。


コロっと忘れてましたが、今年も三重生物研究発表会に行って来ました。


朝、部の面々と一緒に電車へ。行き先は津。
てっきり去年と同じ会場だと思いこんでて、とんだ勘違いをしてしまいましたが、、、無事県立文化会館(?)へ到着。
この建物、公共サービス施設とか何とか、色んな建物を一元化して管理しているようです。ホールとか図書館とか。
おかげで、どこぞの百貨店並のマンモス会館。

比較的新しいらしく、周りには噴水や謎の象があったりして、、、、わりと小綺麗。壁はパステルカラーのピンクとベージュ、そこにほんの少量のグレイを混ぜたような、穏やかな色合いを中心に構成されている。子供から高齢者まで利用する事を考慮しての選択だろうか。
しかし構造は思いの外入り組んでいる。サバイバルゲームに向いているのではないだろうか。


ただ一つ言うなれば、この手の建物特有の、真新しい棺桶のような生気の無さを感じた。


会場は2階の視聴覚室。
中に入った時、丁度開会の挨拶(?)が始まる寸前だったらしく、こっそりと奥へ。


午前中は小中学生の部の発表。


・・・とにかく、座席が狭すぎて関節が悲鳴を上げていた。

年齢幅が広いせいで、研究の対象も手法もユニーク且つバラエティに富んでいて、楽しかった。
何年も継続して研究している子が殆どで、来年の発表が楽しみだったりする。


お昼になって、N高のU先生に会う。
先生、今年は髭無事だったんですね・・・!!
(去年の髭に関しては以下を参照)
裏生物部活動記 三重にっき第5章~午後の部~
      同じく、 三重にっき第6章~since1976~


と。N高校持参のスナヤツメはとろけるほど可愛らしかったです。
いかにもウナギかドジョウの仲間といった面持ちのくせして、此奴魚類ですらない。調べたところによると、ヤツメウナギの仲間で、無顎類、だそうです。
目の後ろに、7つのエラ穴が一列に並んでいて、目が8つあるように見える事が「ヤツメ」の由来だとか。
水の汚れに弱い事もあり、個体数が減っているとのこと。環境庁レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されているそうです。


水源を大切に。


昼飯を片手に2階のバルコニーを出て、渡り廊下のような場所へ。
・・・この立体構造、、、どう考えたって、007に出てくる建物です。

天気予報を見たのに傘を忘れた己を心の奥で嘲りつつ、悲劇のオーバーチュアがぱらつくテラス(?)でコロッケパンを囓る。
・・・もさもさ。

とりあえず、少なすぎた昼食を済ませて時間潰しに図書館へ。
脳に纏わる本(タイトルなんだっけ)を読んでいたんですが、何故かN高Kさんの姿が気になって、あんまり集中できず、午後の部の始まる時間に。

カードを作る気にはなれませんでした。一週間で返却しに来る事を考えると、ね。


午後の部は高校生の発表。
S高の調査でネコギギが確認できなかった事、N高が調査しているY川で川底をさらう工事があって、ホトケドジョウが相変わらず危機的な状況にある事など、環境系の発表は深刻なものだった。


表彰が終了する頃には表の雨も本降りになっていて、駅まではバスで移動する事に。
この建物の最大の欠点は、駅から遠い事じゃないでしょうか。いや寧ろ、この手の建物を駅から離してどうするよ。



地元の駅に戻り、濡れ鼠になりながらひた歩く。
途中立ち寄ったTSUTAYAで、「深海」が傷の修復に出されていると聞いて、本格的に憂鬱な帰路となりました。






思えば、書こうと思ってて結局書いてない事が多いですね。

合宿での物の怪騒動やら、文化祭での私の醜態やら。






・・・。




ま、いっか(爆
スポンサーサイト
今日、行ってきました。行ってきましたとも。行ってきましたよ!




○○生物研究発表会


※○○は県名です。

今回は時間不足の為、我が部からの発表は見送らせて頂きました。
しかし来年発表する予定なので、その為の偵察に行ったのです。




部長一人でな!!!!




来年忙しくて発表できない人間が、一人っきりで偵察に行ってどうするんですかよええをい。。。




なんて口先では悪態つきながらも(連絡が遅かった私の責任でもあるし)、心の底では結構楽しみにしていました。

何せ、研究発表を生で見るのは初めてでしたからね。
前日の夜、はやる気持ちを抑えながら床につきました。

正直、なかなか寝られませんでした。
手の臭いが気になってな!!!!
※この事ついては、また次回のお楽しみ。


とにかく、眠れぬ夜を越え、当日。

電車の時間に十分間に合う時間に起きて、さぁ出発!と思ったら...


腹が痛い...

なんと、朝っぱらから極度の腹痛に襲われたのです。
ココ最近、部員のパソコンや携帯を使用不能に陥れるといった卑劣な手段で活動を妨害する「神の見えざる手」。
まさかこんな形で私に襲いかかってくるとは思いもしませんでした。

ねぇ何で俺だけ身体的ダメージなの?ねぇ何で?何で?どうして?


2000文字オーバーになってしまうので、続きは↓第二章↓へ。
コレのすぐ下の記事です。お間違えのないように。。。
ま、とにかく痛い。
しかしここで部長の私までがダウンしてしまっては、神の手を討ち滅ぼすことなど到底不可能。

そもそも我々は科学系部員です!信じるモノは科学の力だ!!


――この間の会話。
めがね:「学校の怪談に出てくるのっぺらぼうって、目がないのにどうして人を追いかけることが出来るんでしょうかね?耳と鼻しか無いのに。」
部長:「マムシの鼻辺りに付いてるピット器官ってあるでしょ。獲物の体温から位置を探るやつ。多分それが付いてるんだよ。」
茄子(?:「ひょっとしたらコウモリみたいに超音波で...」
A先生:「そうなると、耳がよく発達してるんだろうなぁ」

こんな風に、学校の怪談すら科学的に料理するのです!
(臭いで追いかけるという簡単な発想にたどり着けないのが痛い所。)

兎に角、チマチマとパソコンを壊したり人を腹痛に陥れるようなセコい神など恐れるに足らんわァ!!!この程度の妨害、科学の力で踏みつぶしてくれる!!

…と、いうわけで、正露丸登場。
日露戦争の最中、自らの勝利の為に生み出された物が、奇しくも平成の神殺しに使われるとは。
歴史は繰り返されたのです(違うよ

これで勝った...かと思いきや、上手くおさまらない。
正露丸のラベルをよくよく見たら、、、


なんと期限切れ。


それでも根性を振り絞り、何とか○市内の会場へ向かいました。遅刻ですけどね。

さて、↓第三章↓に続く。
さぁ第三章。いよいよ会場突入ですよ。

美術館の隣にある、市民センターみたいな雰囲気の建物。玄関でスリッパに履き替えた後、水を打ったように静まり返った廊下を抜け、ホールの巨大な扉をそっと引くと、、、


そこは雪国だった... (無論そんなわけがない。



静まり返ったホール内。小学生がアリの研究発表をしてる最中でした。

とりあえず部屋の最後方に並べられた資料をこっそりと集め始めたのですが、全部揃えた時点で発表が終了。

ちゃんと聞けなくて申し訳ない...


さて、最後方から会場内を見渡すと、関係者席で手招きしている女性が。
彼女こそ、ストリートバトミントンプレイヤーでありながら、密かに三国志に詳しい裏生物部顧問:ギワ子先生です。

一応遅刻すると連絡してあったんですよ。

さて、次の発表者が壇上に上がり、さくさくと始める模様。どたばたしていたので、そのままちゃっかり関係者席に腰掛けて見学させて頂きました。

午前の部は小中学生。
私が言うのも何ですが、どれも素晴らしい出来でしたよ。ハッキリしていて分かりやすいし、実験方法も面白い。そして内容がしっかりまとまっている。
中学生はワンランク上で、専門的な用語も少し飛び出す程。実験方法もしっかりしていて、まとめ方もより上手でした。

すいません抽象的な表現で、、、

兎に角、午前の部だけで圧倒されてしまいました。

↓第四章↓に続く。
午後の部の前に、お昼休み。
ギワ子先生に、弁当持ってきてない事等を話していたら、呼び出しが。そのまま何処かへ向かわれたので、椅子に腰掛け午後の部の発表者の資料を見ていると...

眼鏡の先生(らしき御方:「すいませんが、どちらの方ですか?」
私(部長):「あ、あのY高校の...」
眼鏡先生:「すいませんが、ここは関係者席なんですよ」
私「あ、やっぱそうですよね;すいません勢いで(汗」

こんな感じで、お客さん席に移動。
緑の服を着た眼鏡の先生、ごめんなさい。。。

さて、再び資料を読んでいると、突如ギワ子先生が現れ、私に某コンビニの袋入りの何かを渡して、
「はい、あげる」
そう言うやいなや、風のように去って行ってしまいました。

袋の中には某コンビニのお弁当とお茶。


どうしよう...


正直、お腹は空いてました。
しかし、食べる訳にもいかないのです。

びこーず、今朝の腹痛。
そう、正露丸効果を期待できないので朝食を食べなかったのです。
「食物がS字結腸を刺激する事により腸の蠕動運動が活発になる」という知識を聞きかじっていたので、「なら食べなきゃ良いじゃん」という発想のもと、朝食と昼食を抜くつもりだったんです。
だから弁当も持ってこなかった、という事。

おかげで12時現在の所、腹痛は無し。
しかしここでS字結腸を刺激することで蠕動運動が再加速、再び神の手が息を吹き返す可能性がある。

午後の腹痛を避けるか。
午後の空腹をしのぐか。

どうする!どうするよ!俺!!



さて、一体どうしたでしょう。第五章に続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。