上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココ最近起こった事まとめ。

■カワセミ

先日天白川にて、久しぶりに目撃しました。
数十メートル飛んでは短い休憩を繰り返す素早いあいつを自転車で追いかけて、追いかけて。
でもって。飛び込んで魚を捕らえるところを目撃しました。流石はキングフィッシャー、目にも止まらぬ早業…というか、捕らえてから飛び立つまでの一瞬しか見れませんでした。
実際には川面の上空をホバリングしながらターゲットを探し、次の瞬間!…って感じだそうです。

カメラがあればなぁ…望遠で尚且つハイスピードなやつが。
なんて、あったところでファインダーに収める自信は全くありませんが。



■巣立ちの季節というやつですな。

先日のこと。民家の庭木の枝先に、いかにも「ついさっき巣から出てきました!」といった風貌の幼い四兄弟(姉妹?)が並んでいました。
黒い背白い腹長い尾…体型はまだ幼い面影を残していますが、ツバメです。

すっかり大きくなっているのですが、どうやらまだ飛ぶ事もままならないようで、両親が代わる代わる餌を運んで来ていました。姿が見えるたびにギャアギャア鳴いて…まだまだお子さんです。

…暫くして親鳥の姿が見えなくなったんだけど、あのあとどうなったのかな。。

更には今朝の事。
今度は我が家の前の電線に、ずらりと並んだ若いツバメたち。数にして二十羽弱でしょうか…中には親鳥の姿も見えます。
アレだな。ご近所さん同士で集団飛行訓練というやつだな。

しかしどうも、まったりとした雰囲気で…飛びたい奴が飛びたい時に飛びたいように飛んでました。
その飛び方というのも、長時間安定した滑空を行う事が出来ず、ツバメのくせに始終バタバタバタバタ。。。
ここから時速200キロで飛ぶようになるまで、どれぐらいかかるんでしょうね…まさか秋にはもう…?


あと、着地も下手。
電線が他のツバメで埋まってるせいで着地スペースが狭い、というのもあるんでしょうが、なかなか着地ポイントを定められず、ホバリングしながら仲間の頭上をウロウロ…
技術面の問題よりも寧ろ集団行動に於ける意思疎通の難しさを感じさせてくれました。実際のところはどうか知りませんが、こんなヘタレどもが、秋にはあの大群の中で生活するなんて…

中には仲間の傍によるのを諦めて団地の壁に止まろうとする奴も。
どう足掻いても止まれないという事を身を以って学んでました。



■トンボ。
何トンボだったかは分かりませんが、パン屋の前の側溝の中に居るのを発見しました。
どうやら羽化したのはいいものの、フタが邪魔で表に出れないらしい。
指を突っ込んで引っ張り出してやったら、まだ翅の乾燥が不十分だったらしく、先端がちょっと欠けてしまいました。ごめんよ。

セミの羽化を観察した時も思ったんですが、羽化したての翼というのは本当につるつるのピカピカで綺麗です。


■先日、夜のコンビニにて。
コンビニは昼でも夜でも明るいから、やっぱり色々と、来る訳ですね。
表のガラスの下のほうには、羽アリのような格好をした黒い点がびっしり。その中に転々と混じっている、名前も知らないような小さなガや、一度刺激するとそれはもう大変な目に遭わせてくれる、ホームベース型のアイツ。そしてガラスに向かって何度も頭突きをかますカナブン、これだけよりどりみどりの食べ放題なのに、高楊枝を決め込んで格好付けてるのか、じっと動かないアオガエル。

その時私は友人二人と一緒に居たんですが、そのうちの一人の服めがけて飛んでくる大ぶりのガが…

スズメガの仲間っぽかったです。ややでっぷりとした体格に抹茶カラー。後に調べたところ、ウンモンスズメというそうな。。。
指に移してやるとしばらくじっとしてました。うーん、、、ゴツい。
ヤママユガなんかに比べるとそこまで大きい感じはしませんが、ナウシカに出てくる空中戦艦のようにどっしりとしたおなかと、翼と呼ぶに相応しい肉厚の翅、太い触角、光を湛えた眼…迫力は十分です。

しかしなんですなぁ、、、贅を尽くしたと言うか、ハイテクです。
触覚には更に細かい毛のような突起がびっしりと付いてるし。この翅で最高時速50キロを誇るらしいし。かと思ったら上手にホバリングするし。
欠点と言えば肢でしょうか。。どう見ても体を支えきれてない(笑
移動する時も、足場が狭かったりすると翅をばたつかせて体を軽くしようとするし。

ということで彼(だと思う)は私の手の甲を一通り鱗粉まみれにした後、何処かへ飛んでいってしまいました。




■サポスタ日記はまた次回…^^;
スポンサーサイト
前回博物館へ出向いた時、T白川沿いを通ったんですよ。
その時、カモ(カルガモ?)の親子を見ました。

10羽…確か10羽でした。
思わず目尻が下がってしまいますね…親鳥の後ろに連なって、川岸から中州へと黄色いふわふわの一群が…

容赦無く流されてゆく姿には。

いや、雨降ってまして。水の勢いも増してましたから。
まぁ、そんなに問題無さそうでしたけど。


雛たちははぐれてなるものかと、懸命にバタ足して母親を追いかける。
当の母親は、そんな子らの様子を知ってか知らずか、完全無視。

獅子は子を谷底に突き落とすという言葉があります。
任天堂は本社ビル屋上から落として壊れてしまう物は商品にしないという言葉もあります。
あのお母さんが一体どういう考えをモットーとして子育てをしているのかは、実際に席を設けて尋ねないと分かりませんが、やはり住宅地の隣でも川は川、カモはカモ。生きる為の競争も、さぞや激しいのでしょう。
その為には、少しでも甘やかす訳には行きません。




そして先日、再び天白川を通ったら、またしてもカルガモの親子を目撃しました。

…が、ヒナは1羽しか見当たらない。。。


カラスでしょうか、ヘビでしょうか…それとも猫?
以前見かけたのと同じ親子とは限りませんが、仮に違うとしても、カモが1個しか卵を産まないなんて、ちょっと考えにくい。
卵の時にカメやヘビなんかに襲われたものだとしたら合点がいきますが、それにしたって、方や10羽、方や1羽。何れにせよ、何羽もの大切な子ども達が死んでいったというのは間違いありません。

この子だけはなんとか助けられた。
この子しか助ける事が出来なかった。

厳しい世界で生きるお母さんは、どんな事を思ったんでしょう。


T川の流れに沿った細い道を、今朝もまた、Y高校の学生が自転車で駆け抜けて行きます。
そのすぐ下、コンクリート擁壁一つ隔てた隣の世界で、今もひとりの母親の戦いが続いている。



親鳥に子を想う気持ちが存在するか否かという無粋な議論は置いとくとして。
たまにはそんな事を考えてみるのも、悪くないですよ。
... 続きを読む
2008.05.26 悦子の軌跡。
去年の終わりだったか、今年の頭だったか。

我が家の浴室の、風呂釜ののすぐ近くの窓の淵に、いつの間にか双葉が二本生えていました。
カビで真っ黒になっていたんですけどね。どこからからやって来た種が、そこを土壌に芽吹いたんですね。


手前の一本を「悦子」奥の方を「その妹」と命名し、暫く観察していました。

二つの双葉はそれぞれ成長し、やがて葉を4枚にまで増やしました。
その後茎が赤くなり、いよいよその遺伝子に刻まれた真の姿を現す時が訪れたか・・・と、かなり熱い視線を送っていたのですが。

赤くなる

赤黒くなる

どす黒くなる




…この後の事は、もう、もうもう、悲しくて語る事が出来ません。
未熟な私でごめんなさい。心の整理が付いたら、きっといつか…嗚呼悦子、その妹。



さて、その葬儀が済んだ後、後片付けをしていたら、思わぬ遺品が見つかりました。

「コレは・・・?」

綿毛です。タンポポとかの、アレ。
生息圏を広げる為に、風を捕まえて遠くへ飛ぶ為のものですな。

しかし特徴から言って、タンポポのそれではないような・・・。
通常、タンポポの種には、綿毛部分と種子との間に数ミリ程度の距離があります。私の知るタンポポは。
しかしこいつは、種子から直接綿毛が生えていると言った方が適切なくらいで、タンポポのものとは明らかに違う。

そもそもタンポポはあんなに赤くなりませんし。



まー、ぶっちゃけ、見覚えのある綿毛でした。名前は調べて初めて知ったけど。

ノゲシです。





いや・・・あれだけデカイ物が風呂釜の上に育っていたら・・・なかなか見られるもんじゃありません。
ノゲシを眺めながら入る風呂が快い物だとは思いませんが、ちょっと、惜しいなぁ。。





さて、そんな我が家の風呂釜の淵に、今年もあたたかい春が訪れ、新たな命が芽吹きましたよ。

んー…なんていうの?コケ?コケですコケ。
調べようにも、まだ小さすぎて。。。ていうかこれ、コケなの?

もう少し大きくなったら調べてみます。
長生きしてくれるかなぁ。。。



だから、そのためにも。
お風呂掃除係の私は、浴室内をもっと肥やす為に、全面大掃除を延期するという英断を致しました。









・・・まぁー、既に壁一面黒いんですけど。
朝の更新なのに、どえらいタイトルが付いてますね。
近年稀に見るイカモノですよ。

おはようございます、超部長です。





コクワガタ?メス。


今朝、居間の畳の上に転がってました。
メスの…多分、コクワガタ。

その辺の広葉樹林に放しに行こうかと思うんですが、九月の頭の日差しはまだまだ衰えを知らない御様子。


億劫です。



とりあえず出掛けるまでの間どこかに入れておきたいんですが、生憎ウチにある虫かごは水槽タイプでして。

http://blogs.dion.ne.jp/hiromitan/archives/4145735.html
人様のブログを拝借させていただきましたが、大体こんな感じの虫かごです。

見た事ありません?
元気すぎて、水槽の隅っこを四六時中カリカリカリカリ、必死に登ろうとする甲虫。見ていて非常に哀れです。
そのまま死なせてしまったりすると尚哀れですよね。


…という事で、とりあえず私のTシャツにくっつけておいたんですが。
ついさっきまで「寿命が近いのでは?」と思わせる程の弱りっぷりだったのに、今や完全に息を吹き返し、私の全身を所狭しと駆け巡ってます。






もう何度シャツの中に入られた事か。



毎回左袖口を狙って来るんですよ。
右側に窓があって、丁度陰になる側ですからね。


にしても毎回、何故わきの下、しかもわき毛の中に入ろうとするんだ…



ここでようやく、今回の記事タイトルの話に差し掛かりますね。



お察しですか?
お察しでしょう。




久しぶりの実験シリーズ★






嫌な予感?
知った事か。


クワガタが好む匂いを調べる為に、自分のわきの下の匂いを調べ(自分で嗅ぐ)、
わき(18歳男性アホ)以外でクワガタが好む物の匂い(主にわき)を調べて比較して…








…なんて事はしませんでしたが。



流石の私でも(笑
いや、だって、そんなくだらん事をしとる暇があったら勉強しないと、ねぇ。
記事を書く速度も質も徐々に向上しつつあるというのに、内容までこだわり始めたら、




大学、落ちちゃいますから★





でも、拾ったのがカブトムシじゃなくクワガタで助かりました。
ほら、クワガタは昼間、木の上の高いところで休むじゃないですか。
だから匂いも(蜜は別として)、「ブナの香り」「コナラの香り」「クヌギの香り」、あとは「ヤナギの香り」なんて言えるでしょう?
それがカブトムシの場合、昼間低い場所(落ち葉の下とか)に居ますから、香りとしても





「腐葉土の香り」





が適切になっちゃうじゃないですか。

いや、腐葉土のあの匂い、私は結構好きですよ?
好きですけど。

ワキが腐ってるとまで言われちゃ、たとえダイアモンドだろうがオリハルコンだろうが、それなりに傷付きますよ。





「おいらのワキは腐葉土の香り」










…クワガタでよかった。










余談ですが、「ふようどの」と変換した時、



「不要殿」



と出てきました。
世のお父さん、頑張ってください。
クワガタはメスよりもオスの方が格好良いですよ(何の慰めだ。
昨日お風呂に入りました。超部長です。





いや、さっぱりしました。お風呂は素敵な文化です。



個人的な話ですが、私は潔癖症が嫌いです。
何せ、自転車旅行だとか登山だとかの最中はお風呂に入れませんから。そんな時にいちいちストレスを溜めたくない。

何をどう嫌ったところで、所詮我々は人間です。
自然の中で自然の力を借りて生きる事を宿命付けられた存在なんです。
目と足が八つあるあいつや、茶色いテカテカの高速移動するあいつ一匹でガタガタ言ってんじゃねぇ(無関係。
とにかく。自分の出した老廃物。臭かろうが痒かろうが、いちいち気にしてちゃ生きていません。


いやしかし、お風呂には入るべきですよ。入るべきです。
私自身、お風呂大好きですよ。放っておくと2時間3時間は余裕で入ってますよ。ずっと口笛吹いてますよ。今やトルコ行進曲も剣の舞もメじゃありませんよ。

人間以外の動物だって、自分の体を洗いますよね。
カマキリが器用に自分のカマを掃除したり、同じようにネコが前足から股まで丹念に舐めたり。カメの甲羅干しなんかも、体温調節の他に殺菌という意味もありますから、或る意味体を洗っていると言えるんじゃないでしょうか。

鳥類の殆どは、水浴びや砂浴びをします。
多くはそのどちらかしかしない(らしい)んですが、スズメは水浴び・砂浴びの両方をするんだとか。

たまに頭の悪い奴が、水浴びをした直後に砂浴びをして、全身砂まみれになってる事があるそうです。

体じゅうに砂粒をくっつけながら、いかにもサッパリしたというような仕草で満足げに飛び立つスズメ。
或いは逆に汚れてしまって困惑するのかも知れませんね。


…何れにせよ、ちょっと見てみたい。













以上、本日の更新終わり。
頑張った頑張った。


…知識の殆どがうろ覚えで困ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。