上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.26 悦子の軌跡。
去年の終わりだったか、今年の頭だったか。

我が家の浴室の、風呂釜ののすぐ近くの窓の淵に、いつの間にか双葉が二本生えていました。
カビで真っ黒になっていたんですけどね。どこからからやって来た種が、そこを土壌に芽吹いたんですね。


手前の一本を「悦子」奥の方を「その妹」と命名し、暫く観察していました。

二つの双葉はそれぞれ成長し、やがて葉を4枚にまで増やしました。
その後茎が赤くなり、いよいよその遺伝子に刻まれた真の姿を現す時が訪れたか・・・と、かなり熱い視線を送っていたのですが。

赤くなる

赤黒くなる

どす黒くなる




…この後の事は、もう、もうもう、悲しくて語る事が出来ません。
未熟な私でごめんなさい。心の整理が付いたら、きっといつか…嗚呼悦子、その妹。



さて、その葬儀が済んだ後、後片付けをしていたら、思わぬ遺品が見つかりました。

「コレは・・・?」

綿毛です。タンポポとかの、アレ。
生息圏を広げる為に、風を捕まえて遠くへ飛ぶ為のものですな。

しかし特徴から言って、タンポポのそれではないような・・・。
通常、タンポポの種には、綿毛部分と種子との間に数ミリ程度の距離があります。私の知るタンポポは。
しかしこいつは、種子から直接綿毛が生えていると言った方が適切なくらいで、タンポポのものとは明らかに違う。

そもそもタンポポはあんなに赤くなりませんし。



まー、ぶっちゃけ、見覚えのある綿毛でした。名前は調べて初めて知ったけど。

ノゲシです。





いや・・・あれだけデカイ物が風呂釜の上に育っていたら・・・なかなか見られるもんじゃありません。
ノゲシを眺めながら入る風呂が快い物だとは思いませんが、ちょっと、惜しいなぁ。。





さて、そんな我が家の風呂釜の淵に、今年もあたたかい春が訪れ、新たな命が芽吹きましたよ。

んー…なんていうの?コケ?コケですコケ。
調べようにも、まだ小さすぎて。。。ていうかこれ、コケなの?

もう少し大きくなったら調べてみます。
長生きしてくれるかなぁ。。。



だから、そのためにも。
お風呂掃除係の私は、浴室内をもっと肥やす為に、全面大掃除を延期するという英断を致しました。









・・・まぁー、既に壁一面黒いんですけど。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/101-68da45a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。