上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーも、どーも、こんにちは。超部長若しくは雀です。
一段と梅雨めいてきましたね。


↑こう言ってみたら少しは朗らかな気分になるかと思いました。無駄でした。


という事で、雨です。曇りです。
私は雨でも曇りでもそんなに落ち込んだりとかしないんですけどね。だって一日中家に居るし★



さてさて、さかのぼります事一週間。
5月24日、サポートスタッフの事前研修会と基礎講座が開催されまして。行ってきました。

今回は三期生の為の研修と講座という事だったんですが、私は昨年ろくすっぽ参加出来なかったので、二期生でありながら三期生の中にこっそり混ぜてもらって研修講座を受けるという算段で博物館に向かいました。




事前連絡一切無しで。



まぁ何とかなるだろうと思って電車に乗り込み、揺られること約40分。痴漢被害も脱線事故も無く無事T駅に降り立ち、K楽公園敷地内の県立博物館へ・・・


そして受付にて。
「あのー、今日の研修なんですが・・・」

・・・ここで断られたら往復1000円がパー。重要な局面。二度や三度断られたぐらいで引き下がるつもりはありません!だって1000円ですよ1000円!2000円の半分ですよ!(何
俄かに沸き起こる緊張を押さえ込み、私は言いました。

「私二期生なんですけど、いいですか?」

「いいですよー♪」(+爽やかな笑顔


よし、どうにかなった。
胸を撫で下ろしつつ資料とレジュメ(?)を受け取り三階会議室(って感じの部屋)へ。


5分前ぐらいに到着したんですが、既に沢山の人が。小学校低学年と思しき少年から、厚い眼鏡をかけたお年寄りまで。。。
そして何故か、部屋の後ろの方の席ばっかり埋まってて、最前列しか空いて無いんです。
私、180cmですよ。足長くありませんよ。邪魔ですよ。いいんですか・・・・


と。
席にかけて少しして、はじまりはじまり。
話の内容はあまり覚えていませんが、要約すると「新しい時代の博物館をみんなで作っていこう!」みたいな感じでした。
えーと・・・
以前は「こんな物があるよ!こんな面白い物があるよ!」というのが博物館のスタイルでしたが、新しい時代の博物館はそうじゃなくて、みんなで参加して、みんなで作っていくものにしよう、県民の県民による県民そしてここを訪れる人たちや未来の為に、というものだそうで。
その中でサポスタは、標本整理、調査、そしてイベントのお手伝いをするのが役割なんですが、手伝いばかりではなく、時には主に立って、先生となって、博物館の活動を引っ張っていってもらうことも・・・なんて。

自分で書いてても意味が分かりませんが、とにかく、何か面白い事を始めていきましょう、という印象でした。ほんと意味不明ですね。いや寝てたんじゃ無いですよバッチリおきてましたよほんと。

その後、ボランティア活動保険やらなにやら。
サポスタの活動は「公」の活動である、というのはしっかりと心得ておかなければなりませんな・・・遅刻、ダメ、絶対。


さてさてその後、博物館の職員さんの紹介。
名前までは無理でしたが、顔は覚えました。バッチリです。多分。

ちなみにギワ子先生はその日、どこぞの山奥にサンショウウオの調査に行ってるとの事で、お留守でした。
「今日は帰りません!!」と言っていたそうなんですが、あの後かなり降って来たよなぁ・・・
・・・まぁ、無事でしょう。うん。


それにしても、楽しそう。博物館で座ってるよりも。



さて、午前の部終了。昼休みです。
他の人がお弁当を広げたり駅付近に向かう中、私は一階屋外の、さんちゃんのおうちへ。

さんちゃんは、オオサンショウウオです。たぶん。
詳しくはこちら。

一日中じっとしていてあんまり動かないと聞いていたので、なんとしても動くところを見てやろうと思い、、、


・・・ご飯を食べそびれてしまいました。


そしてその健闘も空しく、動くところは見れず仕舞い。
時間切れが迫り、あーあとため息を吐いて携帯の画面から再びさんちゃんに視線を戻すと・・・


・・・ん?


今、一瞬、腕が動いた、よう、な?


ビデオによるリプレイでの判定を求めたいところ。
まぁ、気のせいだと諦め、午後の部Bグループの会場へ。
そこで一通り説明を受けた後、さんちゃんの紹介へ。ぞろぞろと歩くグループの人々の後ろにくっついて行き、背伸びして様子を見ると・・・


・・・尻尾の位置が明らかに変わってる・・・




・・・。




このたびの私の渾身の観察によって、一つ新たな発見がありました。


さんちゃんの腹は、黒い。



というか憎いぞこの珍味野郎がぁぁぁ!








気を取り直して収蔵庫へ。
T賀町立博物館のバックヤードを見せて頂いた時は、銀行の地下金庫のような巨大扉に驚きましたが、お金が無く古いこの博物館には、そんなものは無いそうで。温度湿度を管理する設備も無いと聞いていましたが。

・・・これは。。。
例えるなら、ビルの階と階の間にこっそりと非合法なお宝を隠し持っているような、そんなスペース。
決して狭い訳じゃないんだけど、ダクト張り出してるし。躓く所にも頭をぶつけるところにも事欠きませんな・・・





・・・晩御飯の時間になりましたので、続きはまた今度。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/103-f1edb59d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。