上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココ最近起こった事まとめ。

■カワセミ

先日天白川にて、久しぶりに目撃しました。
数十メートル飛んでは短い休憩を繰り返す素早いあいつを自転車で追いかけて、追いかけて。
でもって。飛び込んで魚を捕らえるところを目撃しました。流石はキングフィッシャー、目にも止まらぬ早業…というか、捕らえてから飛び立つまでの一瞬しか見れませんでした。
実際には川面の上空をホバリングしながらターゲットを探し、次の瞬間!…って感じだそうです。

カメラがあればなぁ…望遠で尚且つハイスピードなやつが。
なんて、あったところでファインダーに収める自信は全くありませんが。



■巣立ちの季節というやつですな。

先日のこと。民家の庭木の枝先に、いかにも「ついさっき巣から出てきました!」といった風貌の幼い四兄弟(姉妹?)が並んでいました。
黒い背白い腹長い尾…体型はまだ幼い面影を残していますが、ツバメです。

すっかり大きくなっているのですが、どうやらまだ飛ぶ事もままならないようで、両親が代わる代わる餌を運んで来ていました。姿が見えるたびにギャアギャア鳴いて…まだまだお子さんです。

…暫くして親鳥の姿が見えなくなったんだけど、あのあとどうなったのかな。。

更には今朝の事。
今度は我が家の前の電線に、ずらりと並んだ若いツバメたち。数にして二十羽弱でしょうか…中には親鳥の姿も見えます。
アレだな。ご近所さん同士で集団飛行訓練というやつだな。

しかしどうも、まったりとした雰囲気で…飛びたい奴が飛びたい時に飛びたいように飛んでました。
その飛び方というのも、長時間安定した滑空を行う事が出来ず、ツバメのくせに始終バタバタバタバタ。。。
ここから時速200キロで飛ぶようになるまで、どれぐらいかかるんでしょうね…まさか秋にはもう…?


あと、着地も下手。
電線が他のツバメで埋まってるせいで着地スペースが狭い、というのもあるんでしょうが、なかなか着地ポイントを定められず、ホバリングしながら仲間の頭上をウロウロ…
技術面の問題よりも寧ろ集団行動に於ける意思疎通の難しさを感じさせてくれました。実際のところはどうか知りませんが、こんなヘタレどもが、秋にはあの大群の中で生活するなんて…

中には仲間の傍によるのを諦めて団地の壁に止まろうとする奴も。
どう足掻いても止まれないという事を身を以って学んでました。



■トンボ。
何トンボだったかは分かりませんが、パン屋の前の側溝の中に居るのを発見しました。
どうやら羽化したのはいいものの、フタが邪魔で表に出れないらしい。
指を突っ込んで引っ張り出してやったら、まだ翅の乾燥が不十分だったらしく、先端がちょっと欠けてしまいました。ごめんよ。

セミの羽化を観察した時も思ったんですが、羽化したての翼というのは本当につるつるのピカピカで綺麗です。


■先日、夜のコンビニにて。
コンビニは昼でも夜でも明るいから、やっぱり色々と、来る訳ですね。
表のガラスの下のほうには、羽アリのような格好をした黒い点がびっしり。その中に転々と混じっている、名前も知らないような小さなガや、一度刺激するとそれはもう大変な目に遭わせてくれる、ホームベース型のアイツ。そしてガラスに向かって何度も頭突きをかますカナブン、これだけよりどりみどりの食べ放題なのに、高楊枝を決め込んで格好付けてるのか、じっと動かないアオガエル。

その時私は友人二人と一緒に居たんですが、そのうちの一人の服めがけて飛んでくる大ぶりのガが…

スズメガの仲間っぽかったです。ややでっぷりとした体格に抹茶カラー。後に調べたところ、ウンモンスズメというそうな。。。
指に移してやるとしばらくじっとしてました。うーん、、、ゴツい。
ヤママユガなんかに比べるとそこまで大きい感じはしませんが、ナウシカに出てくる空中戦艦のようにどっしりとしたおなかと、翼と呼ぶに相応しい肉厚の翅、太い触角、光を湛えた眼…迫力は十分です。

しかしなんですなぁ、、、贅を尽くしたと言うか、ハイテクです。
触覚には更に細かい毛のような突起がびっしりと付いてるし。この翅で最高時速50キロを誇るらしいし。かと思ったら上手にホバリングするし。
欠点と言えば肢でしょうか。。どう見ても体を支えきれてない(笑
移動する時も、足場が狭かったりすると翅をばたつかせて体を軽くしようとするし。

ということで彼(だと思う)は私の手の甲を一通り鱗粉まみれにした後、何処かへ飛んでいってしまいました。




■サポスタ日記はまた次回…^^;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/108-e99e541d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。