上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在は...2005年9月27日火曜日23時35分。天候は雨。

部長です。こんばんは。
さて。眠気と疲労のあまり、このままキーボードに頭を突っ伏して死んでしまいそうです。文化部門の体育館発表時も、背骨を苛める為故意にあの構造と形状に作ったとしか思えないパイプ椅子に腰掛けながら、70%程夢の中へ首を突っ込んでました。


そう、ソレだ、思い出した。今日は四郷祭の文化部門(以下文化祭)があったんだ。


そして我等が裏生物部からも色々と出展しましたよ!させて頂きましたよ!やったんだよこんちくしょう!


まず、変わり種のお茶の無料サービス。

次に、花や葉脈標本の栞販売。

そして、アカネズミの解剖実演。



前者2つは...後輩の皆々様に殆ど任せっきりでした。特に参謀くんの勤労っぷりには大変感謝しています。
色々調べたり、採りに行ったりと大変だったでしょう。流石は参謀と呼ばれる男ですね。

葉脈標本制作においては、トーコちゃんがその力を遺憾なく発揮して下さいました。
もう、何者かに取り憑かれたかのように黙々と作業をして下さいました。正直不気味な程静かになっていて...怖いと言えば怖かったです。

ちなみに、今回の準備中にトーコちゃんが「葉脈マスター」の称号を手に入れたのはココだけのお話。



他にも色々な場面でみんなが力を発揮して下さいました。全部書きたいところですが、ココにあげるのは体力的に無理なので、割愛させて頂きます。
部員の皆様、顧問ことギワ様(逆)、諸先生方、見回りの御爺様、部員の友人様その他陰で応援して下さった皆様、誠に有難う御座います。


実際には言っているほど感謝してなかったり...なんて事はありませんよ。


しかしともかく、これで裏生も正式な部へと一歩進んだ事でしょう。はっはっは。




さて。もっと具体的に何があったのかを書きましょうか。

まず、文化祭当日までの準備が色々あったのですよ。しかしその事は他の記事でも少し触れているので、前日の準備から今日の放課後までの活動を書くとします。



月曜日、文化祭前日。午前中前半はクラス毎の出し物の準備、後半は体育祭リハ、そして午後がクラス及び部活動その他の準備、といったスケジュールでした。

私と参謀くんがクラス準備の居残りで大幅に遅れ、その為作業が一向に進まなかったようで、生物実験室の蛍光灯は夜の8時になっても煌々と輝いておりました。

お茶の材料を煎ったり、苛性ソーダの水溶液で煮込んだ葉っぱをひたすらブラシで擦ったり、しおりの材料になる押し花や既に完成した葉脈標本をしおり出る出るマシーン(あの機械の名前って何ですか?)に掛けたり...

そして、四郷高校の守護神であり、全てのドアの鍵の番人である老人(別に格好いい人ではありません)が見回りに来る時間ギリギリまで粘り、そして翌朝、文化祭当日へ。

朝、一番最初に来たのは何と私でした。中学校では居眠り大臣や遅刻魔神の名を欲しいままにした私が朝の5時30分頃から作業をしているなんて。明日辺り世界が滅んでも不思議ありませんね。

その後、徐々に部員が集まり(私は途中でクラスの仕事に向かいましたが)、作業も何とか開始に間に合い、まずはよかったよかった。

そしていよいよ文化祭スタート。例年通り(私は2年生なので2回目ですが)、人口の大半が集中するのは、飲食物販売のテントが設置されている、特別棟と教室棟の間の駐車場でした。
そしてその駐車場が、生物実験室(以下生物室)からよく見える位置にあるのです。
生物室は特別棟3階の一番東の教室。そして駐車場の真上。窓からの光景はさながら「プチ万博」でした。

そして悪戯好きな私は、窓からひたすらシャボン玉を飛ばしてました。シャボン液の内容は、劣化して何だか黄色くなったジョイ100%。
我ながらなかなか良い演出だったと思います。後になって考えてみたら、飲食物販売の方々に迷惑をかけたような気もしますが。そんなわけでこの場を借りてお詫び致します。ごめんなさい。

ま、苦情があったわけではないので問題は無いと思いますけど、ね。

さて。肝心の生物部室の客入り具合は、というと、私の予想を反してなかなかの盛況ぶり。部員しかいないという時間帯は殆どありませんでした。

しかし、ココで問題が発生。
私がやるつもりだったネズミの解剖なのですが、実は私、最初から全部解剖するのはコレが初めて。「まぁ大して人は来ないだろうから、練習感覚で適当にこっそりやってよっかな~」なんて考えていたら、ギャラリーが20人弱もいるではありませんか(女の子の方が圧倒的に多かった辺り、面白いですね)。

ともかく、これだけ大勢がいるようでは、中途半端な事は出来ません。そんなわけで「部長に代わりまして~、ピンチヒッター、顧問~、ギワちゃん~」です。

いやはや助かりましたよ、流石はネズミ歴χ年。余裕綽々で華麗な手さばきを見せていたとか。後でとある男子生徒の数名が、「アレを笑顔でやる辺り、ウチの担任って結構危ないのかもな...」とか、「確かによく分からんよな...突然変なこと言い出したり急に可愛いことしたりするもんな...」とか、色々言っていました。

ま、そんなミステリアスな部分が、あの先生の魅力というか、チャームポイントかも知れませんが。

とにかく、ありがとうございました。

そして第一回の解剖も終わり、お茶もそれなりに減り、午後。教室の片隅でアルコール溶液の霧吹きと解剖ばさみ、ピンセット、サランラップ、お線香を準備する私。第二回解剖実演(の名を語った、失敗の確率がISSの周回軌道の標高より高い解剖練習)の始まり始まり~...

本当にこっそりやろうと思っていたのに、いつの間にやら周りには男子生徒が数名。極度のアガり症の私は、これだけで結構手が震えていました。

そして、顧問様の5倍程時間を掛けて、ようやく皮を剥ぎ終え、内臓を出したら、もうくたくたになっていました。

しかし、尻尾の皮が切れてしまった以外は特に失敗もなく、まぁまぁの出来でした。



こうして文化祭は終わりましたとさ。ちゃんちゃん。






なんて適当な幕の引き方では駄目ですか?

一応、今後の活動予定でも書いておきましょうか。

例によって、予定は未定ですが。



まず、サンマの骨格標本を作る予定です。コレはノリ的要素が大きいですね。いや決して「誰が一番魚を綺麗に食うかコンテスト」ではありません。断じて違います。違いますって。


...多めに買って焼いて食べるかも知れませんが。

次に、プラナリア実験を開始します。先ずは今いるプラナリアで始めようかと。個体数の確保もやる予定ですが、ね。

そして鍋パーティー!!!!は、先生のGOサインが出れば、の話ですけどね。

私は普段から、かなり無茶苦茶をするタイプですが、責任者にあたるギワ先生を始め、人様には迷惑を掛けないよう、心がけていたりします。




勿論ソレはできるだけ無茶をしないようにという訳ではなく、やるからにはバレないよう細心の注意を払って、という意味ですが。



鍋の件は勿論先生の許可が絶対ですけどね。

...その前に部員の賛同が無いと駄目か。



それから、副部長くんの意見である、釣りですが。
とりあえず近いうちに、学校の裏の川にぶらぶらと行ってみようかと思っています。私は。

ま、詳しくは他の部員と相談してみてください。私は賛成ですが、道具の問題もありますからね。
それに、鍋共々、部の活動と少し離れていますし。





さて。だいぶ長くなってしまいましたねぇ。

1年生が加入して半年が経とうとしている、裏生物部。
部の活動もかなりしっかりしてきて、正式に部活動として認められるまであと一歩といった感じでしょう。
このブログもだいぶ記事が増え、お客様もだんだんと増えているようです。たまに「ブログ見てるよ~」なんて声を聞くと、部長としても非常に嬉しかったりします。


ともかく、これからも裏生物部並びに裏生物部活動記をよろしくお願い致します。

以上、部長でした。


 ~追記~
そういえば、まだ1年生がいないときからとてもお世話になっている西高のU先生は、このブログの存在をご存じなんでしょうかね。
携帯電話も最近買ったばかりらしいので、果たしてパソコンが使えるかどうか...なんて、冗談です。何度か使っているところを見てますから。それに元写真部顧問ですし。機械に弱い筈はありません。

そんなわけで、見ててくれるといいなぁ...
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/19-751ecc1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。