上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで、冬の寒さが身を縮めさせる、一月二十九日の日曜日。
その日、参謀から回ってきた「一時に標本室集合」というメールを受けて眼鏡ちゃんは、指定された時間通り、一時に居合わせたリス姉と共に裏生物部の活動拠点、標本室のドアを開けんとノブを回したのですが。ガキガキと金属と木が擦れる音がするだけで扉は開く意思を示しません。開かない=中に誰も居ない、ということで、リス姉と「みんなまだ来てないんだねえ」と苦笑しながら鍵を職員室に取りに向かい、しばらく中で部員の誰かが登場するのを待っていたんですが。
………待てど待てども誰も来ない。
元から時間にルーズな部員が数多存在する裏生物部ですが、十分経っても人っ子一人現れないというのはどういうことでしょう。リス姉が「あたし二時になって誰も来なかったら帰る」と静かなる怒りを燃やしている中で、眼鏡ちゃんも案外笑顔が引きつりまくり。怒気と殺気と苛立ちが充満する部室。
と、そんな中で、更に暫く経過。いい加減ガスコンロのガスを部室に放出してガス爆発でも起こし、明日のニュースを騒がせてやろうかとか破壊的な思考が眼鏡ちゃんの脳内を廻っていたそんな頃、不意に標本室の扉が開きました。

「おー、遅れてごめーん」

軽やかな笑顔をたたえて登場したのは、他でもない、本日収集を呼びかけた参謀。
そのあまりの笑顔さ加減に、その双眸を覆う眼鏡でも叩き割ってやろうかと考え始める眼鏡ちゃんでしたが、次に参謀から発せられた一言によって、そんな気力と覇気と愛と勇気(ちょっと違う)は物の見事に破砕されてしまいます。

「今日部長欠席だから

…………。
部長!!
部の責任者であるアンタが来ずに誰が来る!!と内心で激しくツッコミを入れていた眼鏡ちゃんですが、まあこなかった物は仕方がない。脱力しつつ、参謀に他に出席者はいないのかと問いかけると、
来ると連絡があった豆腐マンがまだ来ない為、結果的に出席者はこの三人だけだとアッサリ告げられてしまいました。
…………参謀、三人で会議はちょっとばかりキツくないっスか?
独裁国家もビックリの少人数議会です。


※前編と後編に分割してお届けさせていただきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/46-0fd32ca0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。