上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
で、幹事のほうはあろうことか自分から名乗り出てしまって、責任持ってやるっきゃないんですが。


これがまた大変で。

日時当の連絡をまわし、参加者の名簿作って、店に予約取って、やっと一段落~。と、思った矢先、「やっぱ欠席します。」なんて連絡が来たり、、


「え~…残念です~。」なんて言いながらも笑顔は引き攣りまくってますよ!!


ふぢゃけぬじゃねぇよぐぉヴらぁあ!!


ん゛ん゛っん、失礼いたしました。


この打ち上げ、三年生の卒業記念なので三年の必要経費は一・二年とOB・OGが負担するというもの。顧問の先生は「お金に関しての不満などはどんどん先輩たちに言って話し合ったほうがいいよ。」と言ってくれるのですが、幹事を体験して一番の問題だと思ったのは、お金がああだ、こうだではなく、一年に幹事をさせること。だと思います。
「幹事は一年生というのは伝統なんだ。」とか聞きましたが、何のメリットがあるんでしょう?

最初、言葉で「アレをやるコレをやる。」と言われてもイメージがわきませんでした。
その分OBのT先輩K先輩にはいろいろと手伝ってもらったんですが、一人でやれなんて言われたら挫折してましたよ。ホントありがとうございますm(__)m
それに、“会の雰囲気がわからない”=“どんな心構えで仕事に臨んだらいいかもわからない”ってことです。
そのうえ、一年生というのは地位的に一番低い位置にいるわけです。云わば、誰にも逆らえないという状態。


…先輩たちの意見が違う場合どうすればいいんですか!?



本気で、オー人事、オー人事に電話かけそうになりましたよ。

要するに、実際幹事を体験してみて、「一年にやらす仕事じゃない!」って感想を持ちました。
やるなら、一度打ち上げ会を体験して、要領なども多少なりわかっている二年生がやるべきだと思います。

つ、ま、り、来年からは、

しょーもない伝統は潰しにかかる!(`ω´)ってのどうでしょうかね?それなら、俺、来年もやってもかまいませんよ。

なんか、愚痴りまくってしまいましたが、こっからが書きたかった内容なんです、、、









が。

ひじょーーに、眠いので後編はまた今度の機会に。

つづく
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/58-a25bb879
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。