上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度は合格おめでとうございます。

「どうしてめでたいのか?」と聞かれると、こちらとしても少し言葉に詰まる節もありますが、とにかくなるようになったんだから、おめでたいのです。はっは。






初めまして、裏生物部の部長です。

「改まってこんな事を書いたのはいいものの、誰も見てなかった」
なんていう最悪のオチを予感しつつも、頑張って書きますので、暫しのお付き合いを願います。

ササッとサクッと読んじゃって下さいな。
※面倒だったら、最後の「まとめ」の部分だけでもどうぞ。





さてさて。
まず最初に「生物部って一体何なのか」を説明しましょうか。


サッカー部ならサッカー。野球部なら野球。吹奏楽部なら吹奏楽。

では生物部なら何なのか?













ぶっちゃけ、部長の私にもサッパリ判りません。


ある時は近所の川で魚を捕り、またある時は部員総動員で編み物。
真夏の太陽の下、渓流の軽石をひたすらひっくり返す事もあれば、吹雪の日に部室で餅を焼いたりうどんを作ったり。
ある時は土鍋でチキンラーメン。
またある時は一晩中パソコンと格闘。
部の生き物の世話もすれば、
研究や解剖(一部のみ)もします。


具体的にはこんな感じです。
一体何なのか今一つよく分からない感じがしますね。

ま、一つだけ言うなれば、この部の活動は非常にマルチだと言えるでしょう。






次に、この「裏生物部」について軽く説明しましょう。




むか~しむかし、田舎のチンケ貧相ショボい公立高校に、二人の生物教師がおりました。
一人はU先生。全身のヒゲが生える部分全てに濛々と黒いヒゲを生やしている謎の男。
もう一人はギワ子先生。20代ピチピチで、ネズミの肝臓の研究が専門の女先生。

そしてそこに、一人の生物好きボンクラ学生が現れたのです。




……しかし、それから一年間は特に何も起こりませんでした。

ボンクラ学生は気分に任せて生物室に訪れ、飼育されている淡水魚を見たり、水槽を掃除したり。
そんなある日の事、えーと、つまり、その、何だかんだ色々あって、生物部を作ろうという話になったのです。
それは、ボンクラ学生が入学してから、丁度一年が経とうとしている頃の事でした。







要するに、生物部を新しく作ろうという話が出たんです。
100%、ノリだけで。

ここからぞろぞろと一年生が加入し、非公式な部活動として、裏生物部はスタートしました。

このブログの過去の記事を読めば分かることですが、設立以来一年間弱、密かに――それでいてアグレッシブに活動を続けてきました。

そしてこの度!
天文同好会と合併し、自然科学同好会として正式に登録されるに至ったのです。





はい、ここ拍手ね。拍手。





さて、出来たての部だけあって、かなりの緩さが特徴です。
アットホームなような、それでいてアウトローなような、独自の雰囲気を持った自然科学部生物班――通称「裏生物部」。

現在、自然科学同好会のうちの裏生物部メンバーだけでも、男子5人、女子6人の計11人がいます。
皆それぞれに得意分野があり、活動時にはそれを思いっきり発揮してくれています。

さっきも書いたように、この部の活動範囲は広いです。
単純に生き物の観察研究をするだけでなく、編み物や文才、画力なんかも必要な仕事が沢山あったりして、一人一人の力が無いとなかなか前に進んでいく事ができないのです。

だからこそ、独特のチームワークと独特の個人プレイが必要。
他の部では滅多に経験できない様な場面も多い。






ま、何はともあれ、「百聞は一見に如かず」。
一度部室に来てみるのが一番です。

10種類ちょっとの淡水魚と、亀が2匹。
それから、ハムスターの一族も居ます。



入学式以降の4月中の平日は、毎日放課後に部室を開けておきますし、私もなるべく居るようにしてます。

じーっと魚を見るも良し、何だかんだ喋るも良し。
生き物や命に関する重~い話でも、70%理解不能なバカ話でも。
一言声を掛けてくれれば、ハムスターに触ることも出来ます。



場所は、2棟3階標本室。
下の地図の、青い矢印が指している階段を3階まで上れば、「OPEN」と書いた紙が目に付く筈です。


校内地図。


※クリックすると別窓でデカいのが出ます。


是非お越し下さいな。












まとめ。

■自然科学同好会は、天文班と生物班に分かれている。
■生物班は、通称「裏生物部」と呼ばれている。
■活動内容は、まぁ見て貰うのが一番分かりやすい。
■部員数は、裏生物部だけで男子5人女子6人の計11人。
■顧問は、ギワ子先生。若い女先生。
■場所は、2棟3階標本室。
■詳しい事は、直接行って直接部長に聞いてくれ。


※質問は、この記事にコメントして下されば返答致しますぜ。
部紹介もお楽しみに。
と言っても、大したことはしませんけどね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/59-ce95faa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。