上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超部長です。


コロっと忘れてましたが、今年も三重生物研究発表会に行って来ました。


朝、部の面々と一緒に電車へ。行き先は津。
てっきり去年と同じ会場だと思いこんでて、とんだ勘違いをしてしまいましたが、、、無事県立文化会館(?)へ到着。
この建物、公共サービス施設とか何とか、色んな建物を一元化して管理しているようです。ホールとか図書館とか。
おかげで、どこぞの百貨店並のマンモス会館。

比較的新しいらしく、周りには噴水や謎の象があったりして、、、、わりと小綺麗。壁はパステルカラーのピンクとベージュ、そこにほんの少量のグレイを混ぜたような、穏やかな色合いを中心に構成されている。子供から高齢者まで利用する事を考慮しての選択だろうか。
しかし構造は思いの外入り組んでいる。サバイバルゲームに向いているのではないだろうか。


ただ一つ言うなれば、この手の建物特有の、真新しい棺桶のような生気の無さを感じた。


会場は2階の視聴覚室。
中に入った時、丁度開会の挨拶(?)が始まる寸前だったらしく、こっそりと奥へ。


午前中は小中学生の部の発表。


・・・とにかく、座席が狭すぎて関節が悲鳴を上げていた。

年齢幅が広いせいで、研究の対象も手法もユニーク且つバラエティに富んでいて、楽しかった。
何年も継続して研究している子が殆どで、来年の発表が楽しみだったりする。


お昼になって、N高のU先生に会う。
先生、今年は髭無事だったんですね・・・!!
(去年の髭に関しては以下を参照)
裏生物部活動記 三重にっき第5章~午後の部~
      同じく、 三重にっき第6章~since1976~


と。N高校持参のスナヤツメはとろけるほど可愛らしかったです。
いかにもウナギかドジョウの仲間といった面持ちのくせして、此奴魚類ですらない。調べたところによると、ヤツメウナギの仲間で、無顎類、だそうです。
目の後ろに、7つのエラ穴が一列に並んでいて、目が8つあるように見える事が「ヤツメ」の由来だとか。
水の汚れに弱い事もあり、個体数が減っているとのこと。環境庁レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されているそうです。


水源を大切に。


昼飯を片手に2階のバルコニーを出て、渡り廊下のような場所へ。
・・・この立体構造、、、どう考えたって、007に出てくる建物です。

天気予報を見たのに傘を忘れた己を心の奥で嘲りつつ、悲劇のオーバーチュアがぱらつくテラス(?)でコロッケパンを囓る。
・・・もさもさ。

とりあえず、少なすぎた昼食を済ませて時間潰しに図書館へ。
脳に纏わる本(タイトルなんだっけ)を読んでいたんですが、何故かN高Kさんの姿が気になって、あんまり集中できず、午後の部の始まる時間に。

カードを作る気にはなれませんでした。一週間で返却しに来る事を考えると、ね。


午後の部は高校生の発表。
S高の調査でネコギギが確認できなかった事、N高が調査しているY川で川底をさらう工事があって、ホトケドジョウが相変わらず危機的な状況にある事など、環境系の発表は深刻なものだった。


表彰が終了する頃には表の雨も本降りになっていて、駅まではバスで移動する事に。
この建物の最大の欠点は、駅から遠い事じゃないでしょうか。いや寧ろ、この手の建物を駅から離してどうするよ。



地元の駅に戻り、濡れ鼠になりながらひた歩く。
途中立ち寄ったTSUTAYAで、「深海」が傷の修復に出されていると聞いて、本格的に憂鬱な帰路となりました。






思えば、書こうと思ってて結局書いてない事が多いですね。

合宿での物の怪騒動やら、文化祭での私の醜態やら。






・・・。




ま、いっか(爆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uranama.blog46.fc2.com/tb.php/79-89e9bc2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。