上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイ、結局食べました。


だって、人間だもの。三大欲求には勝てませんって。
それに、出されたものはちゃんと食べるのが常識(我が家の。
私を気遣って、わざわざ買ってきて下さったギワ子先生にも悪い。
(もしも嫌いな先生だったらゴミ箱に投棄してたかも知れませんけど)
さて、午後の部。今度は高校生。

さっきまででも十分に高レベルだったのに、ここまでくるともう何が何やら。
まとめ方はどこのチームも完璧と言っていい程。どうやって甲乙付けるのか、想像が付きません。

感想としては。。。
どこのチームも、調査した中から発表する対象を一つに絞っているところがポイントだと思います。
河川や湖沼の環境を調査するにしても、例えばS高校なら環境保全とネコギギを関連づける、Y西高校は環境変化とホトケドジョウ、I高校は沿岸のカワウの排泄物とミクロキスティス...
こういった発表やまとめ方のテクニックだけでなく、今後研究に取り組む姿勢や着眼点に於いても、色々な収穫がありました。

さて、全ての発表が終わり、審査のための休憩時間へ。

ここらで、日頃からお世話になっているY西高校のU先生に挨拶をば...


ってU先生!どうしたんですか一体!!何があったんですか!!?

第六章へ続く。
そこにはなんと、変わり果てた(大袈裟)U先生の姿が...

Y西高校のU先生といえば、あのふさふさのヒゲがトレードマーク。
昔、夜の田んぼ道をうろついていて職務質問をかけられたこともあるほど、その存在感は大きかっただけに、ビックリ...

(ギワ子先生に言われるまで気付きませんでしたけどね。。。何故か。)


なんでも、担任しているクラスの生徒に、


「先生、俺がマラソン大会で5位以内に入賞したらヒゲ剃って」


と言われ、約束してしまったのだとか。
そして彼は見事(?)5位に入賞。
約束通り、U先生は30年ぶりに髭剃りを手にしたのでした...

U先生のご子息でさえ、完全つるつるVerは見たことが無いのだとか。

U先生、ご苦労様です...




さて、そんなこんなで無事終了、再び電車に揺られてY駅まで戻ってきたのでした。


この後Y駅から自宅付近までの公共交通機関代をケチろうとして歩いた挙げ句道に迷ったのは、また別のお話。



以上、三重生物研究発表会レポート「三重生物にっき。」を終わります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。